photo 小島由起夫

 

室井 摩耶子 (むろい まやこ) ピアニスト《プロフィール》

1921(大正10)年4月18日生まれの95歳。6歳よりピアノを始め、小学4年生から高折宮次氏に師事。41年東京音楽学校(現・東京芸大)を首席で卒業、研究科に進み、クロイツァー教授に師事、43年に修了。

1945(昭和20)年1月、日比谷公会堂での日響(現・N響)ソリストとしてデビュー。終戦後、本格的にリサイタル活動を開始。サティやデュカスなど多くの作品を日本初演。

1955(昭和30)年、大ヒット映画『ここに泉あり』に実名ピアニスト役で出演。

1956年、モーツァルト「生誕200年記念祭」に日本代表としてウィーンに派遣される。同年、第1回ドイツ政府給費留学生に推挙され、ベルリン音楽大学に留学。ベルリンを拠点に、ハウザ−教授、ロロフ教授、ケンプ教授に師事し研鑽を積む。

1960年、世界最高峰ケンプ教授の推薦でベートーヴェンを4曲並べたリサイタルをベルリンで開催。まれに見る好評でヨーロッパにおける地位の第一歩を築いた。以降、海外13カ国で演奏を重ね、日本国内より国外に於いて名声を高め、64年にはドイツで出版の『世界150人のピアニスト』として紹介される。

レパートリーは、ケンプとロロフ直伝のベートーヴェンを主軸に、シューベルト、バッハ、ブラームス等を得意とし、その深い解釈には定評がある。

1980年帰国後も、日本を代表する名演奏家として活躍。その円熟した演奏は評判高く、80歳を超えピアノコンチェルトも協演。井上道義指揮、02年東フィル(東京オペラシティ)、06年10月神奈川フィル(神奈川県立音楽堂)と、満員の聴衆に深い感銘を与え、各方面より絶賛を博す。

NHKでは、06年「芸術劇場特集〔生涯現役〜私のクラシック音楽道〕、07年「ラジオ深夜便」〔人生私流〕、09年「米寿記念コンサート」は全国ニュースで紹介され、同年「ラジオビタミン」、10年「あさいちばん」、総合テレビ「生活ホットモーニング」、12年9月「こんにちは いっと6けん」等々に出演。

民放では、08年テレビ東京「主治医が見つかる診療所」に出演、脳の海馬が60歳と評価された。09年フジテレビ「どうも☆キニナル」、11年テレビ朝日「たけしの健康エンタテインメント!みんなの家庭の医学」では3時間番組中1時間にわたり彼女の身体を徹底的に分析、大変な反響を呼ぶ。12年5月、テレビ朝日「モーニングバード」は高い視聴率となり、その日の「ツイッター」上位にランクインされた。 13年5月には、テレビ朝日「徹子の部屋」に、33年ぶりに出演。

06年〜11年にCDを7枚リリース、「レコード芸術」《特選・準特選》や「音楽現代」《推薦盤》と推奨され、今なお健在ぶりを示している。

2012年7月、永年にわたり音楽文化の発展に貢献した功績により「第22回新日鉄音楽賞《特別賞》」(新日鉄文化財団)を受賞。

ピアノと共に89年。深い醍醐味の音楽は、年齢とともに益々前進を続けている。

 
このページのホームへ